ホーム » 日記 » 現在利用できるインターネット回線は?|回線の状況を確認しましょう

現在利用できるインターネット回線は?|回線の状況を確認しましょう

光回線以外のインターネット回線を契約するなら?



現在のアパートで光回線契約をするにはかなり厳しい状況です。
そこで違うインターネット契約の方法を探してみることにしました。

今の部屋には電話回線が来ています。
僕自身は固定回線の利用を考えてはいませんが、この電話回線を利用した
インターネット契約のADSLを利用する方法を考えてみます。

電話回線を利用するので光回線のように専用下院選を引くための工事などが
必要なく、契約をすれば基地局などの工事で利用可能になります。

その為に新しく光回線を引くよりも簡単にインターネット契約ができるようになると
思っています。

まず現状でADSL回線が利用できるのかを調べてみます。

現状でADSLが利用できるエリアを調べる



ADSLの場合インターネット接続のための回線に電話線を利用します。
光ファイバーの専用ケーブルを利用する光回線とは違い、従来利用している
電話回線を利用するために自宅での工事の必要がありません。

僕の契約するアパートでも電話回線はすでに設置されているのでそのままでも
利用できるはずです。

それを一応NTTに確かめてみました。
すると現在そのアパートのエリアでは光回線推進エリア担っていて、ADSLに
加入することができないと言われました。

ADSLは説明しているとおりに電話回線を利用したインターネット接続サービスです。
ただし利用しているのは昔から電話回線に利用されていたメタル回線と言われるものです。

このメタル回線は昔から電話回線に利用されていたのですが、最近では電話回線自体を
光ファイバーケーブルにしています。
ADSLは光ファイバーケーブルでは利用できないインターネット接続です。

その為に最近出来たアパートや地区整備がされた地域では電話回線が光ケーブルに
変わっているためにADSLの利用ができなくなっています。
それらのエリアではインターネット契約には光回線が推進されています。

僕が借りるアパートのエリアもこの光回線推進エリアになっていて新しくADSLに
加入することができない地域になっていました(ノД`)シクシク

固定回線以外の方法でも室内で高速インターネット接続ができる?



ADSLも契約ができないとなると固定回線でのインターネット契約は諦めたほうが
いいのか、という気がしてきます。

確かにスマホでもそれほど気にしなければインターネット接続は十分にできます。
接続時間が多くなると料金や通信規制がきになりますが、それに気をつければ
十分に使えると思います。

と、少し諦めていた時に友人からモバイル通信の話を聞きました。
光回線とそれほど速度に違いがなく、室内で固定回線の代わりに十分利用できる
モバイル通信があると聞きました。

無線LANを利用したインターネット契約なので工事の必要がなく、簡単に
ネット接続ができるようになる回線があるらしいのでそれを調べてみます。

まずは利用できる状況と料金などを調べてみます。
やはり自宅で手軽に利用できる通信回線はほしいので、モバイル通信に希望を
託してみたいと思います。

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。